市民ネットワーク 2022年予算編成に向けての要望書

23.各行政区

(1)中央区

 公共施設

  1. 市役所の隣にあるみなと公園のトイレは防犯のため、明るくすること。

まちづくり

  1. 中央公園プロムナードについて、ウォーカブル社会実験の結果を生かして、賑わいの創出ができるよう、関わる団体を育てること。
  2. 駅から海までの距離が市内で一番近いことを活かし、千葉みなと駅から、海辺の千葉ポートタワーや千葉港周辺の施設までの賑わいを、創出すること。植栽やフェンス、案内図の工夫など、できることから取り組むこと。
  3. 京成千葉寺駅からハーモニープラザへ向かう歩道の街路樹の根上がり対策をすること。
  4. 湾岸道路(357号線)の千葉ポートアリーナ側の歩道のタイルブロックを補修すること。

■ バリアフリー推進

  1. 大森台駅構内のエレベーターを、京成電鉄と協議し設置すること。
  2. 道場北2丁目20サイゼリアの前の歩道については、道路から上がる際の傾斜がきついので、車椅子利用者などに配慮して、傾斜を改善すること。
  3. 国道51号から道場北1丁目聖心高校角を曲がったところの道路の凸凹を修繕するよう、地権者に申し入れること。

 

(2)花見川区

■ 公共施設

  1. 幕張駅周辺の小規模保育所の園児の遊び場として、市有地の活用を継続すること。
  2. みずほハスの花図書館については、千葉市図書館業務報告に、職員数や職員の有資格率を記載すること。職員の研修に関しても、千葉市の研修に参加できるようにすること。図書館の事業に関しては、住民や活動団体と積極的に連携をとっていくこと。
  3. 旧花見川第五小学校跡地を売却する場合は、地元と十分話し合いを行うこと。
  4. 花見川図書館とこてはし台公民館の複合化により、図書館の閉館する期間中は、児童奉仕に関して場所を確保し、貸出、閲覧など行うこと。

(3)稲毛区

  1. JR稲毛駅周辺に、シェアサイクルのステーションを設置すること。
  2. JR稲毛駅ペリエ商店街(新検見川寄り)出口の、横断歩道脇の歩道のハトの糞は、定期的に清掃すること。

(2)若葉区

■ まちづくり

  1. みつわ台南小から北小の間の遊歩道の明るさが不十分なため、街灯を増やすこと。
  2. いずみ台ローズタウンと、大宮台団地を結ぶ道路の整備について、地元から要望が出ていることを受けて、住民と意見交換をすること。
  3. モノレール下の千城台北1丁目のバス停(ふるかわクリニック側)のある歩道はとても狭いため、拡幅した上で、バス停の上屋とベンチを設置するようバス事業者と協議すること。
  4. 千葉中央メディカルセンターの前のバス停にベンチが設置できるよう、バス事業者等と協議を進め、実現すること。
  5. 御成公園に隣接した御成街道の拡幅に向けて、速やかに課題解決をはかること。

(2)美浜区

  1. 幕張西公民館に、ヨガ、ヒップホップ、フラダンス等で姿勢矯正等に使用する鏡を建て替えを待たずに設置すること。

(2)緑区

■環境

  1. 鎌取駅や土気駅周辺・あすみが丘あけぼの通りのムクドリ被害については、引き続き対応策を講じること。糞などの被害については清掃を定期的に行うこと。

■交通

  1. 外房線については、混雑解消のため、発着数および車両を増やすよう申し入れを続けること。
  2. 外房線の終電時間を、京葉線から連絡できるよう、引き続き申し入れをすること。

■土気地区

  1. 土気地区から鎌取の緑保健福祉センターへは乳幼児を連れての移動が困難である。乳幼児を対象とした講習会(離乳食講習会など)を土気地区でも開催すること。
Copyright(C)2010市民ネットワーク、All rights reserved.
Close