市民ネットワーク 2015年度予算編成に対する要望書

16.2014年度 各区予算要望

(1)中央区

■自転車(駐輪)対策について

  1. 千葉駅東口周辺の駐輪場確保のため、ビル所有者・地権者・JR・京成電鉄・千葉都市モノレールなどと駐輪場設置に関して、協議を進めること。

■ まちづくりについて

  1. ムクドリ被害の対策として、歩道清掃の回数を増やすこと。
  2. パルコ前の末広通りの街路樹を整備し直し、市民が緑とうるおいを感じられる歩道とすること。
  3. 千葉駅ビルに、地元の物産を扱う店舗を誘致するよう事業者に働きかけること。

■ バリアフリー推進について

  1. 大森台の駅構内のエレベーターを、京成電鉄と協議し設置すること。
  2. 京成千葉線西登戸駅のバリアフリー化を早急に行うよう京成電鉄と協議すること。併せて現在登戸側にしかない改札口を春日側へも増設するよう京成電鉄に働きかけ、協議すること。

■ その他

  1. 長年放置されてきた千葉市立病院跡地に、特別養護老人ホームと育児施設など総合福祉施設をつくること。

(2)花見川区

■ 公共施設について

  1. 幕張駅南口の市有地を活用し、ポケットパークなど市民が利用できる場所とすること。
  2. 花見川図書館分館開設にむけては住民や活動団体と意見交換を行い、準備を進めること。
  3. 旧花見川第5小学校の跡地利用については、地域の意見を反映すること。

■ 道路・交通について

  1. 花見川サイクリングロードは通勤・通学者の利用も多いので全線にソーラー発電や発光ダイオードなども検討し、照明の設置をすること。
  2. 道路の整備、改善について小中台線、花園68号線(検見川町から宮野木町方面)の検見川5丁目付近は住宅も増え交通量が多いので、歩道の整備を早急にすること。
  3. 花立踏切地下道工事が中止になったことを受け、今後の道路計画、仮設踏み切り対策など地域の意見も聞き、対応を図ること。

■ 環境問題について

  1. 区内の元産廃処理施設については監視を続け、住民に対して指導経過をきちんと示すこと。

■ その他

  1. 歴史的、建築的な価値のある検見川無線送信所跡を文化財として保存し、市民意見を聞きながら有効な活用を図ること。
  2. 検見川稲毛土地区画整理事業内の中学校予定地の変更に関しては、開かれた議論の中で活用方法を検討すること。
  3. 東大緑地植物実験所は貴重な緑地であり、地元住民とも連携しながら関係機関に働きかけ存続に努めること。
  4. 横戸台地消防用地は売却せずに、地元住民が活用できるようにすること。

(3)稲毛区

住みやすいまちを目指して

        1. マンション建設や区画整理などで人口が増加していることから、保育園、幼稚園、子どもルームなどの不足がおきないよう、対処すること。
  1. 長期の休みの間利用できる、子どもの居場所づくりのための市民活動を支援すること。
  2. 学校の統廃合や学区の再編などは市民が不便に感じないように、地域で充分な検討をし、情報提供すること。
  3. 民間バス事業者に助成したバスロケーションシステムについて、JR稲毛駅前のアナウンスは遅延に対応していないので整備すること。
  4. JR稲毛駅前ではたばこ工場の倉庫跡などを中心として、大規模な再開発が予想されるので

歩行者・自転車・自動車が安全に通行できるような道路の整備を検討すること。

  1. JR稲毛駅東口周辺道路に伸びる客待ちタクシーの長い列の解消に対策を講じること。
  2. 放医研から稲毛駅前までの幕張弁天町線の道路の整備にあたっては、自転車レーンの設置を進めること。
  3. 新港横戸町線連絡協議会がこれまで検討してきた経緯を尊重し、沿線住民の声を充分反映させた緑地整備を行うこと。

■公共施設の整備について

  1. 小中台地域福祉交流館については、利用者の声をより多く集めて、利用がさらに進むよう、周知に努めること。
  2. 稲毛図書館は、周辺に学校が多いので、学生が利用しやすいように、開館時間の延長を検討すること。
  3. 稲毛区は図書館が一つしかなく、利用が不便な地域があるため分館の整備を検討すること。

■道路の整備について

  1. 交通量が多く歩道の整備がされていない長沼、ヴィルフォーレ周辺などで、歩行者が安心して歩ける歩道を整備し、自転車・車いす・ベビーカーも利用しやすい道づくりを進めること。
  2. 磯辺茂呂町線は本体工事が大幅に遅れ、生活道路に車があふれて歩行者の安全がおびやかされている。安全が確保できるように生活道路を優先した道路整備を進めること。

■稲毛区の緑化

  1. 宅地開発で斜面緑地が失われ、擁壁化している。開発した後を緑化するのではなく今ある緑を残す形での開発をするよう指導すること。
  2. 小仲台斜面緑地は何回も開発されそうになり、住民が危機感を持っている。開発に際しては計画段階から住民と土地所有者などとの調整を図る機会を設けること。
  3. 園生の森など区内の住宅地の身近に残る貴重な樹林の保全については、地域住民との協働を継続し積極的に取り組むこと。
  4. 新港横戸町線や幕張弁天町線などの整備にあたっては、地域住民の声を反映させる機会を設けて街路樹等の緑化を計画的に進めること。
Copyright(C)2010市民ネットワーク、All rights reserved.
Close