市民ネットワーク 2006年度予算編成に対する要望書

【7】様々な交流から新しい文化を創造する

  1. 在日外国人の救済支援をしている市民団体への財政的・物理的な支援を行うこと。
  2. 市の各種委員会に外国人市民の登用を進めるなど外国人市民の市政参加を推進していくこと。
  3. 在日外国人の児童生徒に対する教育指導補助員を増員し、保護者へのサポートも適切にできるようにすること。

【8】躍動し賑わいを生む産業を展開する

                
  1. 空き店舗のマッチング情報を増やし、権利者の意向でまちづくりに活用できない空き店舗対策をとること。
  2. 市が無料職業紹介所へ企業を登録する際に、若年層の正規雇用を企業側に働きかけること。
  3. 千葉市の農業と農地を守るために、環境保全型農家にも働きかけ、有機農業の普及を図ること。
  4. 地場農産物の振興をはかるために、17年度にスタートした地場農産物消費拡大推進事業については農産物だけではなく、花苗も扱うので市民にしっかりPRをすること。
  5. 現在は家族経営協定は4件にしかすぎないので、農村女性が 農業経営や地域活動に参画する機会を確保するための条件整備をすすめ、対等なパートナーとして男性と共に農業を担うことができる農村社会の実現を目指すこと。
  6. 農業委員会委員の年齢層の引き下げをはかるために、夜間の開催など現役世代が参加しやすいような工夫をし、また女性農業者の登用もすすめること。
  7. 農地の転用の許可に関しては、厳正・慎重な判断をし、農地の保全につとめること。また、転用許可後もパトロールを怠らないこと。
  8. 遊休農地に関しては、その活用に積極的に取り組んでいくこと。地元農業への関心を高め、地場農業を活性化させるために、農協などと協力して農産物の直売などにも積極的に取り組むこと。
Copyright(C)2005 市民ネットワーク、All rights reserved.
Close