【1】緑と水辺に恵まれた多自然都市を創る
  1. 多額のコストを要する花のトピアリーの学校配布をやめ、お金の使い方を市民とともに再検討すること。
  2. 市街地の緑地保全については、市民の住環境を守るため保存樹林を多く残すように、補助金の見直しをはかること。
  3. 保存樹林の管理にあたっては、まちやまボランティアなど市民と協働して行い、地域に開放するように所有者に働きかけること。
  4. 緑地が開発される場合、地域住民との協議ができる場を設けることを制度化すること(都市計画マスタープラン地域別構想の地区計画、建築協定、緑化協定などと整合をはかること)。  
  5. 千葉市レッドリストを活用し、開発によって地域独自の自然景観、及び希少動植物を消滅させないようにすること。
  6. 谷津田保全地区及びその周辺における土木工事など環境の改変が行われる際には、計画段階から関係各課と十分協議し、生態系への影響のないよう配慮すること。

【2】 地球と共に生きる循環型都市を創る
  1. 違法な産廃施設の撤去、不法投棄の迅速な処理(フロンガスなどの対策)をすること。
  2. 事業所での紙ごみ分別を徹底するよう指導を強化すること。
  3. 長期的な大気中のダイオキシンの傾向把握のために、現行の年4回の他に松葉等を用いた年間を通した調査も取り入れること。
  4. PRTRの集計された結果について、市民にわかりやすい形で公表するとともに、有   害化学物質を多量に排出している事業所については、削減を指導し、周辺住民へのリスクコミュニケーションを実施すること。
  5. 生ごみのリサイクルを推進するための多様な方法を検討すること。
  6. 学校給食の残さいの生ゴミ堆肥化をすすめ、地域の人や他局(都市局・環境局・経済農政局)との連携をはかり有効活用すること。
  7. 既存の公共施設に自然エネルギー(ソーラー、雨水、風力等)の利用をすすめること。
  8. 廃食油を回収して燃料化し、公用車やごみ収集車で活用すること
  9. 一般廃棄物処理基本計画の見直しに際し、北谷津清掃工場の代替施設については焼却を伴わない施設とし、循環型社会の構築、CO2対策にも貢献するものとすること。

Close