議会速報(2006年3月議会)2面

先行取得された土地の使い道は?―土地開発公社10年後の廃止にむけて―

高野 はるみ

高野はるみ

バブル崩壊後、土地の先行取得による「塩漬け土地」などの存在が問題となりました。ネットでも6年前から土地開発公社等の廃止、保有地買戻し計画策定を提案してきました。しかし、積極的な施策は見られず、ようやく国の支援策を受けて土地開発公社「健全化計画」がはじまります。

簿価総額358億円を2010年末には136億円に縮減する計画ですが、元手は税金です。なぜ先行取得する必要があったのか、なぜ使い道のないままに長期保有地化することになったのか説明責任を果たすべきです。また、隠れ借金とも言える債務負担での都市整備公社による施設整備は、相変わらず行われています。早急に見直すべきです。

地域福祉計画実行にあたって

小西由 希子

小西由希子

1年間地域での話し合いを重ねて地域福祉計画が策定されます。地域福祉計画実行のための予算はわずかですが、推進協議会設置に240万円、地域福祉パイロット事業に600万円が計上されました。

推進協議会には、地域福祉計画の進行具合を検証する役割だけでなく、人と人をつなぐコーディネート機能が期待されます。また、計画実行に際しては、住民参加・連携・共生による新しいコミュニティづくりが大切な視点です。NPOなどが空き店舗を活用してサロン的な居場所づくりをすることなども歓迎されるところです。NPOも助成の対象とするという前向きな答弁を引き出すことができました。

また社協区事務所に職員1名が増員されますが、地域の実態を把握しネットワーキングを担う、専門的な機能を強化することが求められます。計画実行の担い手はボランテイアですが、ボランティアが十分その力を発揮できる基盤づくり、すなわちコミュニティワークを担える人材育成とその有償活動の保障が必要です。

小西由希子の議会質問全文&答弁

「若者の就職支援」始まる!

常賀かづ子

常賀かづ子

2006年度、100万円の予算で「若者の就職支援」事業が始まります。初年度は「ニートやフリーター対策として保護者向けの啓発講座」を4回開催するとのことです。

講座というと一方的に話を聴くだけに終わりがちですが、悩みを持つ保護者にとってはじっくりと相談できる場の設定も必要です。「講座」が利用者のニーズに対応できる有意義な内容になることを求めました。

これまで同様、蘇我の無料職業相談所やハローワークのジャブカフェで就職の相談斡旋を受けられますが、若者の支援は、「就職支援」のみならず生活全般にわたる包括的な支援が必要です。

そのために、市民局・保健福祉局・教育委員会・経済局など横断的かつ全庁をあげて千葉市の次代を担う若者支援の取り組みを進めるよう、要望しました。

常賀かづ子の議会質問全文&答弁

高齢者も障害のある人も大変だ!

山口晴美

山口晴美

4月から改正介護保険(昨年10月から一部施行)と障害者自立支援法が施行されます。

これにより、介護度の軽い方や介護保険予備軍の方へのサービスが、自宅で自立した生活が長く営めるようにするための介護予防事業にシフトし、運動機能を高めるような体操やリハビリが追加されることになります。また高齢者の増加により介護保険料もアップ(基準額4段階で月3100円→3780円)。

また障害のある方はこれまで支援費制度により個人の収入に見合う応能負担でホームヘルプやガイドヘルプのサービスを受けていました。障害者自立支援法では所得による上限額はあるものの福祉サービスの利用料を応益負担で支払うようになります。京都市や横浜市では負担を見越して、所得の低い方の利用料を半減するなどの独自の支援策を打ち出しました。千葉市にも施行後状況を見て、早急に対応するよう求めました。

ちょっと気になるごみの話

湯浅美和子

湯浅美和子

現在進む、3つある清掃工場を2つに、という検討。もし成功したら、300億円近い建設費の面からも、またいくらお金をつぎ込んでもゼロにできない重金属などの排出という環境面からも画期的!そのためには徹底的なごみの排出抑制が必要です。生ごみは花見川区、木くずは若葉区、紙類・軟質プラスチックは美浜区が多い、といった地域性があるので、地域懇談会を作り効果的なごみ減量を検討してはどうかと提案しました。

昨年大きな問題となった緑区小山町の産廃最終処分場建設計画。

まだ終わったわけではありません。改定作業中の産廃の処理指導計画に、処分場立地について自然生態系への配慮義務と住民への説明責任を書き込むことを求めました。

コスト削減のあらしの中、民間委託が進んでいます。花見川区の北清掃工場に15年の長期にわたる運営管理委託が導入されようとしています。業者主導ではない管理能力を、市が持ち続けることが問われています。

湯浅美和子の議会質問全文&答弁

Copyright(C)2006市民ネットワーク、All Rights Reserved.
速報1面へ  閉じる