意見表明

3月16日
 岩ア明子

会派市民ネットワークを代表いたしまして、令和4年度当初予算案に賛成の立場から意見表明を行います。
神谷市長就任後初の本格予算編成となった令和4年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で落ち込んでいた個人所得や企業収益などが好転傾向となり、市税収入が前年度比で129億円の増となるなど、一般財源総額を確保。市債発行額については新庁舎整備や千葉公園の再整備などによる建設事業債の増が避けられないなかでも、臨時財政対策債の発行額が大幅に抑制されました。また、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金などを活用し、自宅療養者への支援や積極的疫学調査などをおこなう事に加えて、中小企業者事業継続支援や地域公共交通支援など、コロナ禍で疲弊する地域経済の活性化に資する事業に充当する事を評価します。新年度はさらに12億円が活用できる見込みであることから、終息時期のみえないコロナ禍でも、市民が安心して暮らせるための事業に充てられることを期待します。
重点施策の推進については、高齢者等階段昇降支援など地域包括ケアシステムの強化、公立夜間中学校設置等の多様な学びの場の確保、脱炭素社会実現に向けた費用助成など、市民が住み続けたいと思える持続可能なまちづくりに向けた事業について拡充されています。さらに、市民ネットワークが市民とともに考え、まとめた「予算編成に向けての要望書」に対し、反映された項目も認められたことから、新年度予算を評価すべきものと判断いたしました。
近年、実質公債費比率や将来負担比率は着実に改善してきておりますが、北谷津の新清掃工場整備や新病院建設など、今後も多額の財政需要が見込まれる事業があります。適宜、事業の効果や必要性についての検証を行い、引き続き財政健全化にむけて取り組まれることを求めます。
新年度予算執行にあたっては、新型コロナウイルス感染症の動向に臨機応変に対応しながら、誰一人として市民を置き去りにしない市政の運営を要望し、会派の意見表明といたします。

 

close