意見表明

松井 佳代子

市民ネットワークの松井佳代子です。会派を代表いたしまして、平成26年度決算について認定の立場から意見表明を行います。

決算の審査にあたっては、財政健全化および行政改革推進の観点から、第2期千葉市財政健全化プランの進捗状況はどうか、その評価はどうか、それぞれの事業への取り組みはどうか、人権への配慮はされているかどうか、市民の参加と情報公開が図られているかどうかを基準としながら審査させていただき、まだ改善すべき点はあるものの、着実に財政健全化に向かっていると判断して認定することにいたしました。

平成26年度の決算ですが、歳入のうち自主財源は2,373億4,500万円で、前年度と比較して、81億2,800万円、3.5%の増となりました。財源を確実に確保されており、財政健全化の取り組みの着実な一歩となっています。

さらなる歳入の確保に向けては自主財源の徴収率を上げる取り組みが必要ですが、財政健全化プランにおいて、徴収率の目標を設定している市税、国民健康保険料、介護保険料、保育料、住宅使用料、下水道使用料のうち、市税、国民健康保険料、保育料、下水道使用料の4つの債権については平成26年度目安の徴収率を達成されています。しかし一方で、介護保険料と住宅使用料は目安の徴収率におよびませんでした。初期滞納者に対する働きかけや過去の滞納分について、進行管理をするなどして徴収率を上げるよう取り組まれたとのことですが、税負担の公平性の観点からも、今後も取り組みを継続いただけるようお願いします。

また、市の財政運営に影響の大きい主要債務総額の削減についてですが、平成26年度末において495億円削減できており、着実に債務の削減が図られています。

ただし、状況はまだ厳しく、今後も扶助費の増加など厳しい財政運営が続くことから、引き続き、目標を達成できるよう歳入の確保と歳出の削減に向けて着実な取り組みをされるようお願いいたします。

個別の事業では、市民参画の観点から、市民シンクタンク新規モデル事業を評価いたしました。また、次世代につながる施策として、生活困窮者学習支援新規事業ほか4つの事業については、取り組みを評価します。さらに、男女共同参画の視点からデートDV予防啓発リーフレット作成・配布、男性の子育て支援の両新規事業を評価いたします。最後に、がん集団検診会場における子どもの見守り、ごみ減量化推進についても拡充を評価しました。

それぞれの事業に関して、平成26年度の取り組みを検証し、今後も引き続き事業を拡充していただけますよう要望しつつ、市民ネットワークの意見表明とします。

close