1、議案第108号について

長谷川ひろ美

市民ネットワークの長谷川弘美です。
通告に従いまして、議案第108号、110号、117号、119号、122号、129号、130号について質疑をいたします。

まず、議案第108号 平成19年度千葉市一般会計補正予算新統合ネットワークシステムの構築と運用管理についてうかがいます。

現在、千葉市では、基幹系ネットワーク及び情報系ネットワークが個別のネットワークとして運用されています。基幹系ネットワークには、住民情報を取り扱う基幹系システムが6システム有ります。情報系ネットワークには、CHAINS網を活用している情報系システムが34システムあり、また、各所管が運用管理している、所管管理ネットワークが80システムあり、このうち37システムがネットワークを使用しているとのことです。

現在千葉市で運用されているものは、全体で120のシステムがあり、そのうち今述べた77システムがネットワークを使用していることになります。 これら分散して運用管理されているネットワークでは、1つには端末、通信機器・設備機器、通信回線などの重複投資があり、また2つ目にセキュリティ対策が各システムによって格差があるなどの問題があり、今回新統合ネットワークシステムの構築を目指す、とのことです。

そこでうかがいます。
千葉市が第二次IT化アクションプランの中で目指している統合連携基盤の構築にとって、今回の新統合ネットワークシステムの構築は、どのような意味を持っているのかうかがいます。

CHAINSの接続経路が増えるため、不正アクセスなどのリスクが高まる可能性があると考えますがいかがですか。

現状は各システムにおいて、ユーザー認証をしているとのことです。この新統合ネットワークを構築することによって、職員が様々な情報システムにアクセスできるようになるわけですが、その利用者が正当な利用者であると確認する仕組みはどうなっているのですか。

2、議案第108号および議案第117号について

次は議案第108号 千葉市一般会計補正予算、および議案第117号 千葉市自転車等の放置防止に関する条例の一部改正についてうかがいます。

この議案は117号で指定自転車駐車場の定期利用の料金を改定し、利用促進と歳入の確保を図るための条例改正をし、108号で自転車整理手数料の増収分を補正予算に計上するものです。

以下うかがいます。
平成20年4月から、料金格差をつけることによって利用促進を図るとのことですが、料金の最高額と最低額についてうかがいます。
また、ほかの政令市で料金格差をつけているところがあれば金額とともにお示しください。

近隣市町村の料金についてお示しください。

今回の改正についての議論は、どのような場でどのようなタイミングでなされたのかお聞かせください。

減免制度についてはどのようになるのかうかがいます。

補正予算には約9,212万2,000円の増収見込みが計上されていますが、それによって駐輪場に係る経費の市負担はどのように変わりますか。

3、議案第108号および議案第129号について

議案第108号千葉市一般会計補正予算及び議案第129号財産の取得についてです。この議案は千葉市立おゆみ野南小学校の校舎等についての、財産取得に関するものです。
当初予算の11億6,200万4,246円に、今回の補正予算12億5,037万2,000円を加えて、おゆみ野小学校の校舎、屋内運動場、プール棟及び附帯施設等全てを総額24億1237万6246円で取得するものです。

以下うかがいます。
取得予定総額24億1,237万6,246円の財源内訳についてお示しください。

従来の学校施設の取得方法との違いについてうかがいます。

取得方法が変わったことによるメリットはどのような点にあるのか、お示しください。

今後の学校施設の取得方法はどのようになりますか。

おゆみ野南小学校区は児童数が急増していますが、児童数と現状の施設の状況についてうかがいます。

おゆみ野南小学校の今後の施設整備計画についてお示しください。

4、議案第110号について

議案第110号下水道会計補正予算中央および南部浄化センター等の包括維持管理に係る債務負担行為の設定について
下水道事業の業務の効率化とコスト縮減を図ることを目的に、平成20年度から平成22年度にかけて中央および南部浄化センター等の包括的民間委託を導入すること。この包括的維持管理費として中央浄化センター等に16億800万円、南部浄化センター等に33億4,500万円、総額49億5,300万円の債務負担行為を設定するというものです。

同様の取組みは政令市ではすでに2市が実施しているようです。 委託業者による維持管理の成果を排水基準で評価するということで、市であらかじめ決定した要求水準をもとに罰則を決めておくということですが、すでに実施している他の自治体で、ペナルティーの実態はあるのでしょうか。あれば、その対応はどのようになされたのか伺います。

委託後、事業者は運転監視操作の結果として日常的に水質確認をおこない、市は事業者とは別に月2回のほか随時放流水質調査をおこなって点検していくと聞いています。本事業は新たな取組みでもあり、事業者の技術力を適正に評価していくためにも、市の測定結果を随時公表し事業の透明性を高めていく必要があると考えますがいかがでしょうか。

委託事業終了後の3年目には、事業そのものや事業者の総合的な評価を行うことが必要です。改めて、学識経験者などで構成される評価委員会を開催して第3者による評価すべきと考えますが、お考えをお聞かせ下さい。

5、議案第119号について

議案第119号千葉市民ゴルフ場設置管理条例の制定について
このゴルフ場は、昭和46年から平成9年まで一般廃棄物を埋め立てた下田最終処分場跡地に整備されたものです。
したがって跡地については、今後相当に期間にわたり環境面で管理していく必要があり、また地元要望にも考慮しゴルフ場設置に至ったとのことです。議案119号では施設管理を指定管理者とすることまた施設の開業日や利用料金などが示されました。

そこで伺いますが、
どういう利用層が中心で来場すると予測していますか。

1年間にどのくらいの利用者数があれば運営が順調に行くと考えていますか。

最近はゴルフをプレーする小学生、中学生、高校生も増えています。この市民ゴルフ場を使って、若い世代の競技会を開くことも、考えられます。貸切の予定はないと伺っていますが、貸切でイベントなどを受け入れる可能性について伺います。

利用料金はどういう根拠で設定したのでしょうか。アンケートなどで、一般市民の声も拾ったのかお伺いします。

指定管理者に管理運営を委託するということで、市の負担はないということですが、予測に反して、来場者数が少なく、指定管理者による経営が悪化し、撤退ということになった場合、どのような対策を立てる予定なのか伺いします。

6、議案第122号について

千葉市都市公園条例の一部改正について
この条例の一部改正は、蘇我スポーツ公園フクダ電子アリーナの隣接地に新たに整備を進めている多目的広場について、指定管理を行う有料公園施設に追加し、この指定管理を非公募とする。あわせて、この多目的広場の供用日、供用時間、利用料金を設定するものです。

そこでうかがいます。
蘇我スポーツ公園の事業費は用地費230億、施設費120億、総額350億円ですが、今回の多目的広場にかかわる用地費と施設整備費はいくらですか。

蘇我スポーツ公園は同時に防災公園としての整備も位置づけられており、全ての情報が防災本部が予定されているフクダ電子アリーナに集中するため、今後できる施設なども全て一体的に一つの指定管理者が管理する方向とのことです。

指定管理者は隣接するフクダ電子アリーナの指定管理者に非公募で管理させるとの事ですが、フクダ電子アリーナの利用者数と経営状況は当初予測と比較してどうなのか。

今回の多目的広場に設置される、サッカーコート及び会議室の需要予測において、どのような調査をしたのかうかがいます。

7、議案第130号について

議案第130号工事請負契約について伺います。この議案はS36年に建設された新宿小学校の大規模改造工事を行うための工事請負契約です。

以下うかがいます。
入札調書を見てみますと落札率が97.57%とのことで、かなりの高値落札です。落札価格は3億1,000万円で、最高額は3億1,500万円。500万円の間に5つ業者がひしめくまさにピンポイント落札です。このような高落札率になった要因は何か伺います。
また2業者が辞退していますがその理由について伺います。

エレベーターの設置についてですが、H17年度〜H18年度までに小学校9校、中学校2校に設置され、H19年度は養護学校・中学校各1校ずつ設置予定と伺っています。 今議案の新宿小学校大規模改造工事でのエレベーター設置は、対象者がいないため予定がないとのことです。対象者の把握はどのようになされたのか、またエレベーター設置の要件は何か伺います。

工事中の児童の教育環境への配慮は最優先になされるべきですが、対応はどのようにされるのか伺います。  

2回目

1、議案108号について

まず議案108号新統合ネットワークシステムについてです。

不正アクセスなどのリスクは高まる可能性はあるが、現行以上のセキュリティ水準を確保するのでリスクには十分対応できるとのことです。 また現状よりこの新統合ネットワークシステムでは5億8000万円の削減を見込んでいるとうかがっています。

そこでうかがいます。
それぞれ所管で管理しているネットワークなど小さく閉じられたものは、セキュリティ水準もそれほど高くなくともよかったものも、今後このシステムに統合していく上で対応が必要となります。
今後統合していく必要と考えるネットワークはどのくらいあり、セキュリティ対策に要する費用についてうかがいます。

これだけ多くの情報がネットワーク化されることでのリスクは現状に比べ急激に高まると予想されます。またシステムの変更時には問題発生が生じやすいとも言われます。これまで他の自治体で生じた情報漏えいで、住民対応で発生した費用負担について伺います。またこれら万が一の個人情報漏えいなどへの対処にかかわる費用負担についてはどのようにかんがているのですか。

2、議案第108号 第117号について

次に第108号 第117号自転車の条例についてです。
自転車料金の格差導入を位置づけた、統合計画の骨子案を、自転車等駐車対策協議会で承認していただき、また市民意見募集の段階でも料金格差については賛成する意見も あったと答弁でした。そこでうかがいます

この骨子案では、料金設定が最高額2000円、最低額400円など具体的な料金設定が示されておらず、確かに駅前も不便なところも一律料金を変更することでは同意しても、これらの料金設定が示された場合、もっと多様な意見が出されたのではないかと考えますが、いかがですか。

料金設定に当たっては、民間参入もできる価格を算定したとうかがっていますが、環境問題や交通渋滞緩和など自転車の果たす役割を考慮すると、積極的な活用を更に広げていく支援が求められますが、料金設定にどのように反映しているのかうかがいます。

料金改定によって、利用料金が現状の700円より上がる箇所と下がる箇所の台数割合はどの程度と見込んでいますか。

今回の改訂で駐輪場の利用率が78%から86%へと、6%上がると算定されていますが、それはどのような根拠で出されたのかうかがいます。

3、議案第108号 議案第129号について

次は、議案108号 議案129号おゆみ野南小学校の取得についてです。
このおゆみ野小学校は平成17年4月に開校しています。新設時の普通教室数は19教室ですが、開校に当たって地元から教室数を増やして欲しいという強い要望がありました。しかしこれが受け入れられず、結果的に開校翌年の18年4月にプレハブ教室を建設し、19年度2教室増築、20年度にはフリースペースをつぶし3教室に改修すると、4年以内に9教室も増やし、28学級となる予定です。

そこでうかがいます。
24学級までを適正規模としている中で、このように明らかに教室数が不足する新設校舎建設となったのは何故か、何故当初からこれらを計画に盛り込まなかったのかうかがいます。

今回のように市債を充当して一括買取すると、事業費の平準化が可能となるとのことですが、従来通り2回に分けて買収するのと、どの程度の差が出るのか、単年度あたりと、総額に関してお示し下さい。

5、議案題119号について

議案題119号 下田市民ゴルフ場についてです。

ゴルフ場の運営管理では指定管理者による独立採算で行っていくとのことですが、この他市として環境面や用地借り上げ借地料などで、今後どのくらいの期間、どのくらいの費用がかかるのか、お示しください。

6、議案第122号について

議案第122号 都市公園条例についてです。
多目的広場に隣接したフクダ電子アリーナですが、開園2年目の18年度約2300万円の赤字で、これは入場減少と、設備点検、清掃など予想以上の管理経費がかかったとの答弁でした。また隣接した工場の撤去跡からは、六価クロムが検出されており、悲惨や拡散を防ぐため防護シートで覆っているとうかがっています。そこでうかがいます。

昨年スポーツ公園内及び周辺の工場撤去が行われましたが、この影響はないのか。また、撤去後の土壌調査はJFEが行うとのことですが、その結果確認についてうかがいます。

今後フクダ電子アリーナもふくめスポーツ公園内の施設の一体管理を予定しているとのことだが、再公募にあたっても指定管理者となる事業者が、かなり限られてしまうのではないかと考えますがいかがですか。

6、議案第130号

議案第130号新宿小学校の大規模改造工事についてです。 
工事中は、校庭内に仮設校舎を建てての対応とうかがいました。校庭が狭くなり、また工事のための大型車両の出入りなど、学校内の安全確保や教育環境への十分な配慮が求められます。

学校周辺住民の方々や保護者に対し、工事の目的、内容やそれに対する対策、周辺道路や通学路の安全確保など、きめ細やかな説明が必要ですが、どのように行うのかうかがいます。

また、今議案の大規模改修工事では、耐震補強工事も行われます。今後TS値0.4未満の学校施設の耐震補強工事が順次実施されていくと伺っております。それぞれの学校の周辺住民や保護者に対し、情報をきちんと公開し、納得のいく説明をしていただきたいと考えますが、いかがですか