岩ア明子(若葉区)、松井かよ子(美浜区)

市民ネットワークとは

政治団体「市民ネットワークちば」の会員と市民が力を合わせ、カンパとボランティアの選挙で送り出した代理人(市議会議員)で構成される千葉市議会内の会派の名称です。2019年4月の統一地方選挙で、岩ア明子(若葉区)松井かよ子(美浜区)が2期目の代理人として選出されました。1期目に引き続き、市民参加と情報公開のまちづくりを目指して活動しています。

 

What's new!

議会まとめ読み

ご挨拶
2019年5月から2期目の議会活動が始まりました。千葉市議会の議員定数は 50名で、会派「市民ネットワーク」は、そのうちの2名で構成されています。

また、今期は女性議員が10名です。前期よりは1名増えたものの、千葉市の人口 (978000人)のうち、半数以上が女性(489000人)であることを考え ると、生活に根ざした声を市政に届ける役割は重大だと感じています。

引き続き、市民の立場に寄り添い、議会で発言や提案をしてまいります。

今年度は松井佳代子が総務委員会、岩崎明子が教育未来委員会に所属し、本会議 だけでなく、委員会の場でも積極的に発言していきます。

今後ともみなさまのご意見やご要望を頂けますようお願い申し上げます。
2019年5月16日

----------------------------------

 

 

市民ネットワークが目指すまちづくり